雑学

小さい数を表し方「何割何分何厘」の続きは?

体温表すとき、「36.5℃」は「三十六点五度」、「三十六度五分」という二つの呼び方があります

野球では、安打を打つ確率として「0.325」を「三割二分五厘」と呼びます

このような割合の表し方を「歩合」と言います

1の\(\frac{1}{10}\)を1分、1分の\(\frac{1}{10}\)を1厘…のように表します

 

では、1厘の\(\frac{1}{10}\)は歩合でどのように表すのでしょうか

今回は、割→分→厘→…と続く、厘よりも小さい数の表し方についてお教えします

 

小さな数の表し方

小さい数は歩合で次のように表せます

歩合
\(10^{-1}\)分(ぶ)
\(10^{-2}\)厘(りん)
\(10^{-3}\)毛(もう)
\(10^{-4}\)糸(し)
\(10^{-5}\)忽(こつ)
\(10^{-6}\)微(び)
\(10^{-7}\)繊(せん)
\(10^{-8}\)沙(しゃ)
\(10^{-9}\)塵(じん)
\(10^{-10}\)埃(あい)
\(10^{-11}\)渺(びょう)
\(10^{-12}\)漠(ばく)
\(10^{-13}\)模糊(もこ)
\(10^{-14}\)逡巡(しゅんじゅん)
\(10^{-15}\)須臾(しゅゆ)
\(10^{-16}\)瞬息(しゅんそく)
\(10^{-17}\)弾指(だんし)
\(10^{-18}\)刹那(せつな)
\(10^{-19}\)六徳(りっとく)
\(10^{-20}\)虚空(こくう)
\(10^{-21}\)清浄(せいじょう)
\(10^{-22}\)阿頼耶(あらや)
\(10^{-23}\)阿摩羅(あまら)
\(10^{-24}\)涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)

このような呼び方は一例で、時代や地域によって呼び方が違うそうです

「虚空」を「虚」と「空」、「清浄」を「清」と「浄」に分けるものもあります

その場合は、以下のようになります

\(10^{-20}\)虚(きょ)
\(10^{-21}\)空(くう)
\(10^{-22}\)清(せい)
\(10^{-23}\)浄(じょう)

 

生活で使うことはないかもしれませんが、雑学として知っておいても面白いと思います

 

大きい数はどうやって表すのか

今回は割→分→厘→…と続く、厘よりも小さい数の表し方について説明しました

「一、十、百、千、万、億、兆…」と続く大きい数の表し方については、こちらの記事をご覧ください

一、十、百、千、万、億、兆、京・・・の続きは?大きい数の表し方

 

 

参考:Wikipedia-命数法(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%BD%E6%95%B0%E6%B3%95)

-雑学

Copyright© どめブログ , 2021 All Rights Reserved.