MathJax

【MathJax - LaTeX】筆算の記述方法【簡単コピペ】

MathJax - LaTexでの筆算の記述方法について

個人的に作成したものを紹介します

 

基本

array環境を使って

\begin{array}{rr}
& 123\\
+\big{)}&45\\
\hline
&168
\end{array}

のように記述します

表示結果

$$\begin{array}{rr}
& 123\\
+\big{)}&45\\
\hline
&168
\end{array}$$

 

隙間が欲しいとき

間に隙間が欲しいときは

\begin{array}{rrrr}
&1 & 2 & 3\\
+\large{)}&& 4 & 5\\
\hline
& 1 & 6 & 8
\end{array}

のように記述します

繰り上がりや繰り下がりを書く場合は、こちらの方が綺麗に表示できます

表示結果

$$\begin{array}{rrrr}
&1 & 2 & 3\\
+\large{)}&& 4 & 5\\
\hline
& 1 & 6 & 8
\end{array}$$

 

繰り上がりの記述

分かりやすいように、繰り上がりを明確にしたいときもあります

\begin{array}{rrrr}
&\small{1}&&\\
& 6 & 7 & 8\\
+\large{)}&& 9& 1\\
\hline
& 7 & 6 & 9
\end{array}

表示結果

$$\begin{array}{rrrr}
&\small{1}&&\\
& 6 & 7 & 8\\
+\large{)}&& 9& 1\\
\hline
& 7 & 6 & 9
\end{array}$$

 

隙間を詰めたいときは

\begin{array}{rr}
&\small{1}~~~~\\
& 678\\
+\big{)}&91\\
\hline
&769
\end{array}

表示結果

$$\begin{array}{rr}
&\small{1}~~~~\\
& 678\\
+\big{)}&91\\
\hline
&769
\end{array}$$

 

繰り下がりの記述

繰り上がりの記述方法に取消ラインを加えます

\begin{array}{rrrr}
&&\small{10}&\\
&&\small{1}&\small{10}\\
& \bcancel{1} & \bcancel{2} & 3\\
-\large{)}&& 4& 5\\
\hline
&& 7 & 8
\end{array}

表示結果

$$\begin{array}{rrrr}
&&\small{10}&\\
&&\small{1}&\small{10}\\
& \bcancel{1} & \bcancel{2} & 3\\
-\large{)}&& 4& 5\\
\hline
&& 7 & 8
\end{array}$$

 

その他

small以外の文字サイズや文字色変更方法はこちらをご覧ください

【MathJax - LaTeX】文字の編集と装飾(サイズ・フォント・カラー)【簡単コピペ】

 

MathJaxの数式一覧に戻る

-MathJax

Copyright© どめブログ , 2021 All Rights Reserved.