ブログ

AIOSEO Scoreとは?なぜ0点なのか

WordPressでサイト運営をしている方なら、ほぼ全員と言っていいほど導入している「All in One SEO pack」

アップデートしたら「AIOSEO Score」という謎制度が登場

 

勝手に採点して0点が付いてますね

記事をもう一回貼り付け直せば、ちゃんと採点してくれます

 

 

まぁ73点なんですけどね…低い…

アップデート前に書いた記事は全て0点になっており、採点してほしければ全部貼り付け直さなければなりません

めんどくさいですね…私はやらないと思います

 

ちなみに点数の向上に必要な項目がPage Analysisという項目に書いてあります

 

評価内容としては

 

・コンテンツの量(自分の表示ではメタディスクリプションの短さを指摘)

・内部リンク

・外部リンク

・タイトルの文字数

・コンテンツ内に画像やイラストが含まれているか

・受動態

・見出し

 

らしいです

これに注意してサイト作りをしていけばいいらしいです

 

当サイト管理人の感想

コンテンツの量:まぁ大事ですよね、長いほど良いというわけではないですが、短すぎるものはあまりSEO的に良くないことは知られています

内部リンク:これはSEO初心者でも知ってます。クローラーが回遊しやすく、サイトが認識されやすくなると

外部リンク:ちょっとよく分らない。人のリンク貼ると評価UP…?

タイトルの文字数:多少は大事だと思いますが、最近長い文章で釣りタイトルを書いているWebサイトが増えているような気がします。そういうのって一時的なPVは取れるけど、将来的にサイトの価値が下がるような気も…

そして、Google検索での検索結果で表示されるタイトルの文字数が、PCでは30~35文字程度であり、スマホでは36~40文字程度でした
これ以上長いタイトルを付けても、「…」と表示されるので意味ないと思っています

コンテンツ内に画像やイラストが含まれているか:オリジナルの画像が含まれていることが大事って、どこかのブロガーが言ってたなぁ

受動態:これ全く分かりませんでした(笑)理由分かる人いたら教えてください…

見出し:大事だと思いますね。見出しがあることで内容がまとまって見やすくなりますし

 

SEO対策にこだわりすぎるのも…

内容がちゃんとしていることが一番のSEO対策だと信じているので、需要のある記事や面白い記事を書けるようにしていくことに集中すればいいんではないでしょうか

「SEO対策専門家です」みたいな、よく知らない人に多額のお金を払うのは危険ですよ

↓こんな記事を見つけました

SEO業者に35万円払ったが、最悪な結果となったのでブログをはじめました。本当にありがとうございました。

 

個人ブログ運営者がSEOを勉強するなら

「内容がちゃんとしていることが一番のSEO対策」と書きましたが、SEOに関して知識があることは良いことだと思います

Webサイトでも勉強できますが、個人レベルでやっている初心者の方にはあまりおすすめはできません

「月○○万稼いだ最強SEO」のような、数万円する怪しげな情報商材もありますし、無料で公開されているものですと、自分のレベルにあっているのか、自分のサイトにあったSEO対策なのかが分かりずらいです

おすすめは、書籍を使った学習です

書籍ですと、体系的にSEOを勉強することができますし、初心者用や、上級者用など、自分に合わせたレベルのものを選ぶことができます

ネットショッピングでしたら、購入前にレビューも見れますし、そこまでの値段じゃないので、その書籍が自分にとって微妙な内容だったとしても大した損失はありません

 

すごくおすすめの書籍、書店で探してたら見つけた1冊

amazonの評価も高めですね

「SEOの裏技!」みたいなものや、使えるのかよく分らない小手先のテクニックが書いてあるのではなく、「結局は質の良い、読者に必要とされている記事を書くことが大事」ということが繰り返し書かれているところが、私の考えに合っていたので購入しました

SEOの基礎基本から書かれているため、初心者にもとてもやさしい本です

 

こちらの書籍は、初心者用の書籍を読み終えた後の使用をおすすめします

ページ数もとても多く、読むのが大変ですが、深い知識も手に入ります

 

 

2冊目の書籍は、SEOをじっくり勉強したい方だけ読めばいいと思いますが、1冊目のものは、Webサイト運営者全員に読んでもらいたいですね

 

"良い"サイト作りを目指して頑張りましょう

最後までお読みいただきありがとうございました

 

自動広告と手動広告の話

自動広告と手動広告を組み合わせたら収益が倍増した話

-ブログ

Copyright© どめブログ , 2021 All Rights Reserved.